「ジャイアンツ愛のみんぐ」10/11 巨 0-7 中日 → 投打が噛み合わなかったし、終盤は打ち込まれた


対 中日 12勝9敗2分 ナゴヤドーム

勝利投手:清 水 4試合 1勝 0敗 0S
セーブ :
敗戦投手:戸 郷 15試合 8勝 5敗 0S
・投手リレー
巨人:戸郷→田中豊→藤岡→古川 捕手:炭谷
中日:清水→谷元→福→祖父江→藤嶋 捕手:木下拓
本塁打
巨人:
中日:
TBSチャンネル1 にて観戦 解説:川上憲伸 実況:西村俊仁
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの23回戦。巨人先発の戸郷は四、六回にそれぞれ1点ずつ失うが、6回を投げて4安打2失点と先発の役割を果たして後続にマウンドを託す。一方の打線は、五回以外は毎回走者を塁に置くものの、好機にあと1本が出なかった。八回に大量5失点とリリーフも精彩を欠いた巨人は、9月18日以来の零封負け。戸郷は粘りの投球で試合を作ったが、打線の援護なく5敗目を喫した
(https://www.giants.jp/G/result/202010111index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


塁には出て得点圏にも進めるけど、あと1本が出ない
その原因は、制球に苦しむ清水から初回に点が奪えなかったことかなと思う。
それ以降は、逆に荒れているところが災いして、捉えきれなかったし、思うよりも球種が多くて的が絞れなかった。
もちろん野手陣は若き次期エース候補に何とか勝利をつけてあげたいと頑張ったんだろうけど、ちょっと空回りしてしまいました


しょうがない、こういう日もあります


先発の戸郷は前回に比べたらかなりまとまっていたし、6イニングで失点2ですから先発としての役割は十分。
最初の一回りは完璧だった
4回の高橋周平のタイムリーは仕方ないにしても、6回は2アウトで1塁も空いていたし、原監督もちょっと悔やんでいた感じだけど、歩かせても良かったのではないかと・・・


プロ野球ニュースでも、試合中の川上憲伸氏も体の開きが早いと言っていたけれど、確かに糸を引くようなストレートだったのがちょっと影を潜めてる感じ。故障とか違和感とかではなく、単なる疲労ならまだいいんですけど、20歳の若武者も苦しんでます。
まだタイトルを諦めるには早いけれど、残りの登板をすべて7イニング以上で2ケタかつ森下よりも1勝でも多くというのが最低条件になりそうなので、無理はさせずに投げさせながらあわよくば…くらいでいいのではないでしょうか?
前回も言ったように、無理して新人王取って、でも日本シリーズでは使えないってのが一番やってはいけないことですから


スタメンは吉川尚が帰ってきました。頭部死球の影響はないということで、まずは一安心ですが、あとは心理面での影響がないかどうかですね。インハイのボールをライトスタンドにでも叩き込む姿が見れれば、もう大丈夫!って思えるところですが、何よりまずはヒット1本!でしょうか?


あとは、う~ん、7回、若林四球のあとは炭谷のところでも代打が欲しかったところですね、石川をまずは使って、そのあとナカジでも良かった気がします。この回に逆転できれば、ギリギリで戸郷にも勝利が付いた可能性があったわけで、ここで勝負を決めるくらいの積極的な策があっても良かった。


ビハインドでの継投になりますから、そこから先はもう・・・(涙)


藤岡、古川にはもう少し粘り強いピッチングをして欲しいところなんですが、コースがどうこう言う前に、そもそも球威が足りません。勝ちパと負けパの差が激しいのが弱点だと以前に書きましたが、それにしても差が激しすぎる・・・ですね。9連戦の2戦目ですから、2点差とはいえ勝ちパを惜しげもなく投入・・・というわけにもゆきませんし、戸郷を降ろして逆転できなかった時点で、無理して勝ちに行く展開ではなくなってしまったということでしょう。
(だからといって諦めるということではなく)


序盤で無得点、あと1本が出ないジレンマ、7回で追いつけず…負けパが炎上


選手起用の難しさと投打の噛み合わなさが出てしまった一敗でした


明日は桜井ですか

ある程度の失点はやむなしってことになりますが、それを上回る得点が出来るかどうかってところですね。
負け越しで終わりたくはないので、今日は0点だった野手陣が明日は奮起してくれることを願うのみです。
これが終われば東京ドームに帰れますし、以降は今月はすべて自宅から通える戦いになります。5球団で一番苦労したと言える中日戦の最後ですから、出来れば勝って締めたいところです

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/